セックスをしてる男女のイメージ画像

本当にセックスが上手な男性とは、アナタだけが気持ちよくなるだけではなく女性にも気持ちよくなってもらい、そしてイカせることができる男性です。

とはいえ、女性をイカせるには闇雲に刺激すれば良いものではなく、肉体的・精神的にイキやすくしてあげる必要があります。

今ちょっとだけ『なんか面倒そうだな』と思いましたか?
でもこの面倒だと思ったことをするだけで、女性だけではなくてアナタ自信も普段の何倍の快楽を得られることができるんです!

さらに、セックスの相性は長続きするポイントでもありますので、『またアナタとセックスしたい』と思わせることもできます。

なんのデメリットもないのが、今から紹介するセックスの流れや手順です。
百聞は一見にしかず、まずは参考に読んでみてください。

女性は心と体でセックスをする。

セックスの流れと手順を説明するにあたって、男性が知っておかなければならないことがあります。

それは男女のセックスに対する考え方の違いです。

男性にとってのセックスはスポーツ感覚に近いところがありますが、女性にとってのセックスとは大切な心と体のコミュニケーションなのです。

言いかえれば『女性は体だけではなく心でセックスする』ということになります。

このことを理解したうえでセックスすれば、女性をイカせることは可能です。

では、具体的に上手なセックスの流れと手順を説明していきます。

セックス前に男性がするべき事

女性とのセックスはベッドの上だけではなく、出会ったその日から始まっています。

ベッドにたどり着く前に男性としてやっておかなければいけないことがあり、それを怠るとイカせるどころかセックスにすら辿りつかない場合があります。

そうならないためにも、女性の警戒心をといて安心させる必要があります。

まずはその方法を見ていきましょう。

清潔感ある服装

服屋の画像

セックスの前には食事などのデートをすることになりますが、その時に大事なことの一つに服装があります。
女性は自分のファッションを見てほしい分、相手のファッションも見ています。

オシャレすることも大事なことですが、それ以前に清潔感のある服装であることが大きなポイントであることを知っておきましょう。

服装は最低限のマナーでもあり、これからセックスに流れていくためには重要なことです。

清潔感の無い服装の男性は、女性からすると不衛生でありセックスはおろか触れたくもないと思ってしまいます。

さらには今回のデートに力を入れてくれていないと考えてしまいます。
やりがちなのが、セックスのこと考えすぎて下心は丸見えで、服装もデートも雑なパターンです。
これをやってしまうと女性はセックスをさせてくれません。

清潔感のある服装の男性は、それだけでもいい男にも見えますし、何より余裕のあるデートができる男性には、女性も安心して緊張を解くことができます。

それにより色んな話ができて女性の性格を理解することで、それがセックスのテクニックにも活用できます。

コンドームの準備

コンドームの画像

女性とのセックスに必要なものはコンドームです。
これも一つのマナーでもありますが、それ以上に女性を大事にする気持ちがあれば必須アイテムと言えるでしょう。

そしてこの女性を大事にする気持ち、というのは女性はすぐに気づきます。

コンドームを持っていないことに対してどんな言い訳をしても『あぁ、やりたいだけなんだな』とここで思われてしまっては、女性をイかせるということはまず不可能です。

さらにコンドームを使用せずにセックスをしてしまい、望まない子供ができたとなれば大変な事態となってしまいます。

女性の体を犠牲にすることは絶対に避けなければなりません。

そのような不安を与えないためにも、事前にコンドームを用意して女性が安心してセックスができるように準備をしておきましょう。

爪を切る。

セックスにおいて、男は爪を気にしなければいけないところです。

前項の清潔感にも直結しますが、伸びている爪は女性の体を触るときに凶器となってしまいます。
爪が伸びている手で安易に膣内を刺激すると出血のリスクが伴います。
デリケートな女性の体を傷つけることはあってはなりません。

それに、女性はデートの時にさり気なく男性の手を見ています。
伸びっぱなしの爪ではそれだけでもセックスをしたいという気分にはなれません。
しかし逆を言えばしっかりと手入れをしておけば思いやりのある男性だと思われます。

デート前にはしっかりと爪を切ってやすりをかけて、万全の状態にしておきましょう。

場所選びと雰囲気作りが重要

デートも終盤に入り、いよいよセックスをするのですが、女性をイカせるためにはやはり清潔感があって落ち着く場所を選びましょう。

説明したように、女性は心と体でセックスをするので、ムードや雰囲気で気持ちが高まりイキやすくなります。

一人暮らしなら家でのセックスも悪くはないのですが、
女性の中には、隣の部屋の人に迷惑かかるし音や声が聞こえたら恥ずかしいという方もいますので、ここはホテルを選びましょう。
きれいに整ってますし照明などでもムードを作りやすいです。

部屋で二人っきりになることができたなら、相手の女性はアナタへの警戒心が薄れて安心しています。

今すぐにでもセックスしたい気持ちもわかりますが、ここでいきなり襲ってしまっては全て台無しになります。
最悪その場で拒否されるか、セックスという行為はできても今まで以上に警戒されて2度目には繋がりません。

そうならないためにも、上手にセックスを始めて女性をイキやすくするためのポイントをあげていきます。

前戯

挿入中よりも前戯を重視する女性が多いと言われています。
それほど前戯とは、女性にとって重要な行為なのです。

前戯をしないで挿入してしまえば、女性をイカせることはできません。
それどころか、しっかり膣が濡れていない状態で挿入してしまうと、膣口が裂けたり膣内を傷つける恐れがあります。

前戯で女性を興奮させることにより、男性も気持ちいいセックスができます。
まずは、キスの仕方から説明していきます。

キスの仕方

キスのイメージ画像

実際にセックスをするときはキスから始めますが、キスをすることなく、すぐに胸を揉んだり挿入したがる男性は論外です!

キスは女性の気持ちを高ぶらせるための大切な前戯の一つです。
また、キスをする場所は口だけではありませんし、女性はいきなりキスされても軽いドキドキしか感じません。

女性の心も感じさせるなら、髪、耳、まぶた、鼻など、単純に口にキスをするよりも、じらしながらイチャイチャすることもポイントです。

そしていよいよ、口にキスをします。
まずは優しいキスから始めましょう。
いきなりディープキスをしてしまうのでは無く、最初は軽く唇を触れさせるようなライトキスから始めます。

唇を這わせたり相手の唇に吸いついたり、そして徐々に舌を入れたりして、気分を少しずつ上げていきましょう。

このキスで女性はかなり興奮してきます

  • 頬が赤くなり声が漏れる。
    ◎いい感じです!次のステップに進みましょう!
  • 照れ笑いしちゃってる。
    △まだまだです!もっとメロメロにさせましょう!

さりげないボディタッチ

キスをしつつ、手は女性の体をさりげないボディタッチで体も熱くさせていきましょう。

まだ胸を揉んだりしてはいけません。
この時点で胸を揉みしだいても気持ちいいと思う女性はいません。

触るというよりかはなぞるという感じで、女性の耳や首元、胸や太ももに手を滑らせます。
あくまでキスをしながら、体全体にセックスの準備をさせる感じで行きましょう。

焦りは禁物です、とにかくキスをしながらのボディタッチは時間をかけていきます。
これにより女性は徐々にイキやすい体になっていきます。

  • たまに体をビクっとさせる。
    ◎いい感じです!次のステップに進みましょう!
  • くすぐったそうにしてる。
    △まだまだです!もっとメロメロにさせましょう!

愛撫で求めさせる。

前戯のイメージ画像

キスとボディタッチで気分が高まったら本格的な愛撫に入ります。
ここでは女性に「早く入れてほしい」という気分にさせることが大事です。

耳にキスしたり、首筋を舐めたり女性が反応するところを見つけたら、優しく攻めつつ女性にバンザイをさせる形で服を脱がせます。
そしてブラのホックをはずし、そのまま女性をベッドに寝かせてあげましょう。

この時に女性は体を見られてしまう恥ずかしさがあり、その姿は男性にとっては燃えるものがあるのですが、
女性からすると薄暗いほうが感じることに集中できるので、ここはライトダウンしておくことをおススメします。

準備が整ったところで胸や膣の周りなどを愛撫していきます。

ポイントとしては、乳首やクリトリスなどは最初は触らずにあくまでその近辺を優しく触ってください。
これで焦らすことにより、女性は「早く触って、挿れて」となっていくでしょう。

息が荒くなってきたら乳首を舐めたりつまんだりと喜ばせてあげます。
ちなみに、女性の乳首は常に違う刺激を与えることにより感じやすくなります。
強弱をつけて『つまむ』『ひねる』などの違う刺激を与えていくと効果的です。

そしてクリトリスをクンニしてあげたり指で膣内を優しく刺激してあげることにより、早い女性ならこの地点でイってしまう方もいます。

余裕があるなら2回はイカせてあげると、より挿入時の締め付けは格段と上がります。

  • 膣が十分に濡れている。
  • クリトリスが勃起している。
  • あそこ全体の膨らみが増す。
  • 2回もイカすことができれば、指で容易に子宮口に触れることが可能なくらい膣内が狭く下がってきている。

挿入

たっぷりの愛撫で膣もしっかり濡れていたら、いよいよ挿入です。

男性からすると興奮のあまり早く挿れたい気持ちもわかりますが、ここはグッと我慢しましょう。

女性の膣内は非常に敏感なので急いで挿れてしまうと痛みを感じて、せっかく盛り上がってきた気持ちが萎えてしまいます。

いきなり挿れるよりも一言「挿れるね」と声をかけてあげることで女性はより興奮します。
Mっ気がある女性なら、「入れてほしい?」なんて聞くこともおすすめですよ。

そして、ゆっくり焦らすように時間をかけて挿入します。
挿れた後にも「痛くない?」と聞いてあげましょう。

女性の膣の大きさとペニスの大きさによっては挿入したときに痛みを感じる女性もいますので、一言声をかけてあげることで優しさを感じてイキやすくなります。

挿入中

挿入中はもっとも女性が精神的にも肉体的にも気持ちよくなれるところです。
男性にも同じことが言えます。

ですが男性は、あまりの気持ちよさから挿入時間が短かったり、興奮のあまり自分勝手なセックスをしてしまいがちです。
それでは女性はイッてくれませんし、『この人とはもうセックスしたくない』と思われます。

まずは、女性が挿入中に求めること理解しましょう。

挿入時間

まずは大事になってくるのが挿入時間です。
女性は挿入時間によってセックスの満足度が変わってきます。

下のアンケートは挿入時間別セックスの満足度をグラフで表してみました。
今のアナタの挿入時間と比べてみましょう。

1時間 40%
30分 65%
20分 87%
10分 70%
5分 10%

(参考:ラブ・リサーチ

このグラフのとおり、女性は20分~30分挿入されてると、セックスに満足している確率が高いです。

『こんなに我慢できない』と思った男性にありがちなのが、自分勝手なセックスをしてる場合です。
激しく腰を振って、女性がイク前に射精してしまうパターンが多いです。

激しいだけがセックスじゃありません。
スローセックスなんて言葉があるように、ゆっくりとしたセックスの方が女性は感じてくれますし、挿入時間を長くすることができます。

また、膣の締りが良くなり濡れ濡れの状態になるので、男性はいつもとは違った快楽を得られます。

しかし早漏の方や中折してしまう方は、何らかの対策をとっておく必要があります。

女性が感じる体位

女性が満足する挿入時間がわかったら、次は女性が感じる体位を覚えておきましょう。
では、女性が感じる体位のアンケート結果をご覧ください。

正常位 282人
バック 152人
騎乗位 110人

(参考:ラブ・リサーチ

まず、ダントツで人気なのは正常位です。
正常位を選んだ女性の多くが「密着感があって相手の顔を近くで見れるからドキドキする」という理由からでした。
これは密着感により安心して、男性の感じている顔を近くで確認することで興奮するからです。

次に多かったのがバックと騎乗位です。
バックを選んだ女性は「奥にあたるし責められてる感じがするから」、騎乗位を選んだ女性は「感じてる男性を見下ろすと、責めてる感じがして興奮する」という理由からでした。

全ての体位に共通することは、精神的に女性が興奮しているということです。

この結果を見て『とりあえずこの体位をしてればいいか』なんて思ってませんか?

それは間違いです!

どの体位にも言えることですが、丁寧な前戯してる前提の話です。
前戯が浅いと、どの体位も痛がったり感じてくれなかったりします。

ワンポイント!とくに生理前の女性は、膣内が柔らかくなり膣奥に当たりやすくなるため痛がることが多いです。
相手の女性が生理前の場合は、バックなどの奥に当たりやすい体位は避けて、浅いピストンで優しく刺激してあげましょう。

体位をかえる回数

女性が感じる体位がわかったら、次に気になることがありませんか?
そうです、女性を感じさせる為には何回体位を変えればいいのかということです。

それを知るためにも、まずは『女性に聞いたセックス中に何回体位を変えてる?』というアンケート結果をご覧ください。

3回 45人
2回 32人
1回 21人
0回 19人

(参考:ラブ・リサーチ

このアンケート結果をもとに『女性が思う体位を変えて欲しい回数』を出して見ました。
それは2~3回です。

ほとんどの女性は、体位をコロコロ変えられては感じることに集中できなくなりイキにくくなるとのことでした。

女性が満足する挿入時間を加味すると、1回の体位に約10分ほど掛けた方が良いでしょう。

ピストンスピードや深さの変化

女性の膣内も乳首と同じように色んな刺激を与えることができます。
膣内はいくつかの性感帯がありますので、女性の反応を確かめながらスピード(早すぎない)や挿れる深さ、角度を変えてピストンすると効果的です。

そして男性がよくやってしまう『女性がイキそうな時に激しいピストン』ですが。
これをしてしまうと、女性は感じることに集中できなくなり、イキそうなのにイケなくなります。
女性がイキそうな時こそ、ゆっくりと丁寧なピストンを心がけましょう。

言葉責めも取り入れて

何度も言いますが、女性は心と体でセックスします。
女性の心を感じさせるために言葉責めは必要不可欠です。

女性に「気持ちいいよ」「きれいだよ」「そんなエロい声だしたら興奮する」と言葉責めをすると、ますます興奮して徐々にイキモードになっていきます。

しかし『言葉責めは恥ずかしい』と思う男性もいるでしょう。
そんな時は「気持ちいい?」と聞いてあげるだけでもいいのです。
それだけで女性は興奮してイキモードになります。

欲を言うなら、コミュニケーションを取りながらセックスするといいでしょう。
コミュニケーションを取ることで、相手の女性がどこが感じるのか知ることができて、ピンポイントで責めることができるのでイカせやすくなります。

しかも、女性にして欲しいことをさせる事が可能になってきます。
たとえば、女性に腰を動かしてもらったり、乳首をなめてもらったりしてもらいやすいです。

下に挿入中のポイントをまとめてみました。

  • 挿入時間を20~30分以上。
  • 体位を変える回数は2~3回におさえる。
  • 正常位・バック・騎乗位はしよう。
  • 女性がイキそうな時こそ、丁寧でゆっくりなピストンを。
  • 言葉責めをしよう。

後戯を忘れずに

後戯のイメージ画像

女性がイってアナタも射精することができたのなら、最後は後戯として女性を抱きしめてあげましょう。
終わったと思ってベッドから出てタバコを吸ったりなんてことは絶対にやってはいけません。

女性にとってはこの後戯までがセックスなのです。

最後に抱きしめてもらったり、キスをしたりという時間を過ごすことにより女性は最高に幸せを感じます。
そして『またアナタとセックスしたい』と思うようになるでしょう。

女性をイカせることは難しい。

今まで説明してきた、上手なセックスの流れと手順を実践してもイカない女性は多いです。

それは、アナタとのセックスが気持ちよくない訳ではありません。

初めてする男性とリラックスしてセックスできる女性はなかなか少ないです。
また、膣内の開発が進んでいないと、女性を中イキさせることは難しいです。

初めて女性にイッたときの感想を聞いてみました。
それではご覧ください。

女性の口コミ1
雰囲気作りとキスが上手な男性とのセックスで初めてイッちゃいました。
そういう男性は、セックス自体も上手なことが多いですし、イカなくても満足しちゃいます。
女性の口コミ2
前戯で必要以上に焦らされたときに、初めてイッてしまいました。
ムラムラが高まってきた時に挿れられて動かずにクリ弄られるとヤバイw
女性の口コミ3
私が初めて中イキしたのは、酔ったときのセックス中です。
Gスポットを優しく突かれてイッてしまいました。自分の性欲を開放できた感じがあったw
女性の口コミ4
正常位で強く抱きしめられてキスしながら、腰をグリグリされた時に気持ちよくてイッてしまいます。
イケなくても、大事にされてる感じがするから何回もしたくなる。
女性の口コミ5
優しく責めてくれたり焦らされると凄く感じます。
激しいセックスよりもスローセックスが断然気持ちいいです。
30過ぎて初めて中イキしたのもスローセックスでした。

初めてイッた女性は、それなりに経験があったりセックスに集中してる場合が多いです。

それに感想をみてわかるように、イカなくてもセックスに満足してる女性はいます。

イカせることができなくても『女性を大事にする気持ち』には気づいてくれます。

男性は女性をイカせることに重視するのではなく、女性を大切にすることを心がけましょう。

まとめ

女性がセックスでイキやすくなるには雰囲気やムードで気持ちを高ぶらせることが大事なことです。

何度も説明していますが。
男性は体でセックスをしますが女性は心でセックスをすると言われています。

そのためにも清潔感のある服装やコンドームの用意、爪の手入れなどは確実にしておきましょう。
準備の段階からセックスは始まっているのです。

女性にできる限り気を使いながら、そして刺激を求めさせるために焦らしたり盛り上げて色んな形で刺激を与えていくことが大切です。